公園周辺の天気

石川での自然保護活動

石川河川公園には、大阪府のレッドデータブックに掲載されている「カワバタモロコ(淡水魚・絶滅危惧Ⅰ類)」「ミゾコウジュ(植物・準絶滅危惧)」「カヤネズミ(哺乳類・準絶滅危惧)」など貴重な生き物が生息しています。これらの生き物について学び、ふれあい、生き物が棲みやすい環境づくりを行うなどのイベントを、ボランティア「石川自然クラブ」や「南河内水生生物研究会」などと協力して、開催しています。
イベント情報はこちらをご覧ください。

ミゾコウジュの自生地を守る

mizokojyu 自然ゾーンD地区(河南橋下流左岸)にミゾコウジュの自生地があり、その他にも数カ所で単発的に生育が確認されています。しかしながら自生地では年々、個体数が減少しています。生育地の乾燥化がすすみ、他草本の侵入が見られることが原因と考えられます。そこで、地上部の草刈りとともに多年生草本の根除去、人工的なかく乱による適地づくりを実施しています。また、種子を採取して公園事務所で播種・育成することにより、石川のミゾコウジュの系統保存に取り組んでいます。

カヤネズミの棲める草地づくり

nezumi 自然ゾーンA地区(はびきの大橋上流右岸)では、数年前まで広い範囲で多くのカヤネズミの営巣がみつかっていましたが、最近はかなり限定した箇所でした見られていません。クズの繁茂によるセイタカヨシ(巣材)の衰退や、一年草(食餌)草地の減少などが原因と考えられます。そこで、多くの営巣が見られた箇所で、オギとセイタカヨシの播種と移植による草地づくりに取り組んでいます。またA地区での生育調査(巣)を春・秋の2回実施し、生育状況の基礎データを収集しています。

再発見されたカワバタモロコ

moroko カワバタモロコ(【大阪府カテゴリー】絶滅危惧Ⅰ類)は、石川では絶滅したと考えられていましたが、最近になって南河内のため池で発見されました。現在、南河内水生生物研究会が、本公園駒ヶ谷地区の修景池で保護育成に取り組んでおり、公園管理としても、外来生物駆除のための池干しや水生植生の管理を行っています。これを通して、現在の石川河川公園はカワバタモロコ保護の重要な拠点となっています。

これまでの活動報告

2016年 冬の野鳥観察会